伊丹市立鈴原小学校
 

学習プリント

家庭学習のへや
 

「家庭学習のへや」の使い方

①下の「家庭学習のへや」にカーソルを合わせクリック
②「新しいウィンドウを開く」クリック
で別ウィンドウで見ることができます。
「家庭学習のへや」.pdf
 

カウンタ

訪問者数264013
(平成27年4月1日から)

お知らせ


 

お知らせ

梅雨を吹き飛ばせ!6月の始まり!
5月の半ば頃から、夏を思わせる暑い日が続いたので、今年は
梅雨が来ないのかと思っていましたが、そうはいかないようです。
6月には、修学旅行や自然学校など、宿泊行事が続きます。
すずはらっこたちの元気で、梅雨を吹き飛ばしたいものです
先日の全校終礼で、あいさつのコツ「かるく、つも、きに、
づけて」について話をしたところ、さっそくにさらに元気にあいさ
つができる子どもたちです。
6月には、「子ども見守りDay」(6月19日(水))もスタートしま
す。保護者や地域の方のご協力をいただきながら、6月もがんば
りたいと思います。よろしくお願いいたします。

☆バラ園の花たちが移り変わっていきます☆
ひとつのバラの種類が咲き終わっても、次々に新しいバラの種類
が咲きます。また、最近はあじさいも少しずつ色づいてきました。
 
 
 
 
 

 

日誌

お知らせ
12345
2019/06/25new

5年生自然学校最終日〜その4

| by 校長
長い四泊五日の間には、長かったからこそ、また、プログラムがたくさんあったからこその楽しいことがたくさんありました。

一方で、長くてがんばったからこその疲れもあり、投げ出したくなったこともあったと思います。

お家の方に相談できない中で、友だちとともにそれを乗り越えた5年生のみんなに心からの拍手を送ります。

リーダーの言葉にもありましたが、これからの生活でも「チャレンジ・協力・あきらめない」皆さんの力をさらにみがいて、次にリーダーに会える時には、もっと成長したみんなを見てもらいましょう。

保護者の皆様、準備からお見送り、お出迎え、まことにありがとうございました。



21:35
2019/06/25new

5年自然学校最終日〜その3

| by 校長
はじめは多くの児童が長いと感じただろう四泊五日
終わってみればあっという間…
でも、いつも一生懸命だったみんなの力と
いつも励まし支えてくれたリーダーと
たくさんの準備をしてくださった自然の家の方と
遠くから見守ってくださっていたおうちの方のお陰で、思い出がいっぱい詰まった自然学校になりました。
解散式では、代表の児童やリーダーが四泊五日を振り返ってくれました。



21:25
2019/06/25new

5年生自然学校最終日〜その2

| by 校長
後片付けや掃除をし、部屋チェックも合格をもらい、スッキリした気持ちで、最後のプログラム フライングゴルフをしました。
鳥の鳴き声が聞こえる木漏れ日の中を、班ごとにゴールを探しながら楽しみました。
のんびりと最後のプログラムを楽しみました。


11:15
2019/06/25new

5年生自然学校最終日〜その1

| by 校長
いよいよ最終日、昨日はリーダーとの別れが悲しくてあんまり寝られなかった子もいるかもしれません。

それでも、朝の集いで体操して、美味しく朝ごはんをいただきました。

食事係のみんなが、今日もしっかり仕事をしてくれました。



11:10
2019/06/25new

5年生自然学校4日目〜その7

| by 校長
最後の夜は、キャンブファイヤーでしめくくりました。
みんなの思い出に残るキャンファイヤーにするため、リーダーたちが夜遅くまでゲームなどを考えてくれました。
スタンツは、こちらに来て限られた時間で楽しみながら完成させました。
みんなが、楽しむ気持ちいっぱいだったので、メリハリのあるファイヤーにすることができました。
最後に、代表の児童が楽しかったことを、リーダーひとりひとりがこの自然学校の振り返りを言ってくれました。
リーダーの気持ちがみんなの心にしみたようでした。


06:45
2019/06/24new

5年生自然学校4日目〜その6

| by 校長
美味しいカレーで満腹になったあとは、焼き板作りをしました。



みんなが丹波少年自然の家に着いた日に、実は岡田先生がみんなのために杉板を焼いてくれていました。



その木を、硬いブラシで根気よく磨くと、綺麗な木目があらわれます。



その板に、自然学校の思い出をそれぞれに書きました。



雨でテントが張れなかったことも思い出として絵に描いた人もいました。








18:20
2019/06/24new

5年生自然学校4日目〜その5

| by 校長
ご飯を作ったら片づける!
ふだんお家では、お家の方にやってもらっている児童が多いのでしょうか?
でも、自然学校では、それも自分たちの仕事です。
特に、飯ごうや鍋にこびりついた煤は、ちょっとやそっとでは落ちません。
何度もチェックを受けながら、徹底的に洗いました。
足元も、薪の切れ端や炭など、力を入れて掃除しました。
向こうの方から、大変綺麗にして返してもらったとほめていただきました。

14:50
2019/06/24new

5年生自然学校4日目〜その4

| by 校長
その甲斐あって、こんなに美味しそうに出来上がりました!
私も子どもたちのつくってくれたカレーをいただきましたが、美味しかったこと!
子どもたちも、おかわりしながらたくさん食べました。

14:50
2019/06/24new

5年生自然学校4日目〜その3

| by 校長
火起こしが終われば、飯ごう炊さんでした。
薪に火をつけるのにひと苦労
野菜を切るのにひと苦労
火が燃え盛る薪の上に飯ごうや鍋を乗せるのにひと苦労
火を消さないようにするのにひと苦労…
煙で目が痛かったり、手分けして枝を拾いに行ったり、でもあきらめずにやり遂げました!


14:45
2019/06/24new

5年生自然学校4日目〜その2

| by 校長
自然学校では、ここだけでしかない体験もします。
今日は、火起こし体験をしました。
細い木を木の板の上で回転させて、摩擦熱によって火種を作るというものです。
根気とチームークが必要だて聞き、チャレンジしましたが、なかなかこれがむずかしい!
即興でつくった歌を歌いながら、チャレンジした班もありました。
三班ほどがなんとか火種がつきました。
こんなやり方で火を発見した昔の人は、すごいですね。


14:40
12345