伊丹市立鈴原小学校
 

学習プリント

家庭学習のへや
 

「家庭学習のへや」の使い方

①下の「家庭学習のへや」にカーソルを合わせクリック
②「新しいウィンドウを開く」クリック
で別ウィンドウで見ることができます。
「家庭学習のへや」.pdf
 

カウンタ

訪問者数371384
(平成27年4月1日から)

お知らせ


 

お知らせ

インフルエンザ、風邪がはやっています。
1 よせつけないこと!(予防)
 ①マスク、うがい、手洗い、換気などでウィルスをシャットアウト!
 ②不要不急の外出を控えて、人混みに行かない
2 抵抗力をつけること!(ウィルスと戦う体力)
 ①栄養のあるものをしっかり食べる
 ②睡眠をしっかりとる
 ③規則正しい生活をする







☆冬のバラ園☆
そろそろ真冬になろうかという寒さですが、まだ季節を惜しむよう
に咲いているバラも少しあります。
花が終わったバラは、技能員の先生が春に備えて枝をそろえ、柵
に枝を結わえてくださっています。
 
 
 バラの他にも、美しい色で咲いている花が、まだあります。
 
 
秋からずっとそびえ立っているパンパスグラスや、黄金色の葉っぱ
もきれいです。
 


 

日誌

お知らせ
12345
2020/02/14new

図工展の準備~6年生

| by 校長
いよいよ、来週から図工展が始まります。
今日の5時間目は、6年生が最後の大仕事として、図工展の準備をしてくれました。
集合した時から、6年間の成長の姿を見ることができました。図工の先生や担任の先
生の話を落ち着いて集中して聞いている姿に、感慨深いものがありました。
 
 
先生方の主な指示は、「自分たちで考えて動くこと」「声をかけあって動くこと」
「けがをしないこと」、これだけです。
細かなことは、壁に掲示されている計画書を見て、自分たちで判断して動きます。 
 
 
 
先生方に注意を受けることなく、自然に友達同士で声をかけ合い、着々と仕事を進め
ている6年生。マットを少し持ちにくそうにしていたので「手伝おうか」と声をかけ
ると「自分たちでできるから大丈夫です」とにっこりして言ってくれました。
ほんとに頼もしい!
 
 
仕上げの仕事をしている友達も、静かにならんで待つことができました。
仕事をやり終えて、先生の話を聞く後ろ姿も、自信に満ちて素晴らしい。
「有終の美」という言葉があります。それを卒業までしっかりと実行してくれそう
な、うれしい予感を感じた1時間でした。
18:50
2020/02/14new

2月13日一日入学~・1年生、新入生

| by 校長
きのうは、4月から鈴原小学校に入学する新入生の「一日入学」を行いました。
私は、保護者説明会に入らせていただいていましたが、新入生のみなさんは、1年生
に手作りのメダルをもらったり、校歌、ミッキーマウスマーチを演奏してもらった
り、小学校のことを教えてもらったりしました。
その後、1年生が新入生をりんりんホールまで手をつないで案内してくれました。
1年生の姿を見て、ずいぶんお兄ちゃん、お姉ちゃんになったなあと、うれしくなり
ました。
新入生のみなさんは、その後、手遊びをしたり、紙芝居をみました。
 
 
しっかりお話を聞いたり、クイズに答えることができる新入生の皆さんでした。
4月にみなさんが入学してくるのが、とても楽しみです。
18:39
2020/02/14new

2月12日スマホ教室(5年)

| by 校長
スマホは、便利だけれど、使い方を誤ると心と体の健康を損ねたり、交友関係がうま
くいかなくなったり、事件に巻きこまれることもあります。
上手な使い方について、兵庫県警サイバー防犯ボランティアの大学生お二人と、消費
者生活センターの方が話をしに来てくださいました。
 
 
3つの事例を紹介していただき、それぞれどこに危険が潜んでいたのか考えました。
「スマホの使い方で、友達との関係がうまくいかなくなった事例」「ゲームにのめり
込んで依存症になり、生活が破綻してしまった事例」「ネット上で知り合った友達が
実は悪い大人だった事例」です。
自分が人に見られて困ること、例えば悪口や個人情報、写真などは一度ネット上に出
してしまうと、絶対に消すことはできません。悪用される恐れもあります。
また、顔が見えないので、言葉が一人歩きをして予測できなかったトラブルになるこ
ともあります。
依存度チェックで上手にスマホを使えているか、おうちでもお子様と一緒に確認して
みてください。
また、消費者センターの方からは、架空請求に引っかからないように、身に覚えのな
い請求には反応しないことを教えていただきました。
パンフレットもお子様に持って帰っていただいていますので、ぜひ一緒に読んでくだ
さい。
18:21
2020/02/14new

2月11日(祝)楽しいつどいが開かれました。

| by 校長
地域、PTAの方たちが中心となって、子ども達が楽しめるように!一生懸命考えて
企画してくださいました。
「チャンゴ」(韓国の太鼓)の勢いのある演奏から始まりました。
きれいな衣装、踊りながらのばちさばきや迫力、みんなびっくりして見入っていました。
 
次に、紙芝居「黄金バット」「よしのはどり」を見ました。
「黄金バット」は、正義の味方なんだけど見た目がちょっとこわくて、おっかなびっ
くり。よしのはどりは、きれいな歌声も聞かせていただいて、しっとりしたお話でし
た。バイオリンやギターの生演奏のBGMや効果音でした。
 
3つめのお楽しみは、科学の実験教室でした。
 
不思議がいっぱい!その1は、水を入れたペットボトルにふたをすると、ひっくり返
しても水がこぼれない!しかも、そのふたに重りをつるしても、ふたははずれない!
 
不思議その2 長い袋に息をぱんぱんにいれるためには?はじめは袋の口に、自分の
口をつけて、一生懸命吹いたけどダメ。お姉さんに教えてもらって、袋の口から自分
の口を離して、一気に吹き入れると、右側の写真のとおり!
 
不思議その3 空気でボールが持ち上がる!ボールの大きさに合わせて、ドライヤー
等が登場しました!
 
 
一番度肝をぬかれたのは、不思議その4 空気の動きがわかるように、煙を箱に入れ
てたたくと…なんと!大きな箱の中から飛び出した空気は、ドーナツ型になって、
体育館の天井にぶつかりました。大人も子どももみんな大喜び!大興奮!
そのあとは、ドッジボールをするチーム、バルンアートをするチームに別れました。
 
 
2時間の間に、たくさんの企画が工夫されていて、子ども達はめいっぱい楽しんでい
ました。手には、お土産とバルンアートの風船を持って、笑顔で帰って行きました。
地域の皆様、PTAの皆様、チャンゴ、紙芝居、おもしろ実験、ドッジボール、バル
ンアートの披露やお世話をしてくださった皆様、ありがとうございました。
15:22
2020/02/06

ブラッシング(歯磨き)指導~1年生

| by 校長
今日は、歯科校医と歯科衛生士の先生方に来ていただいて、1年生に歯のお話とブ
ラッシング(歯磨き)指導をしていただきました。
はじめに校医さんが、人間の大人の歯は一回しか生え替わらないので、おじいさんお
ばあさんになっても使えるように大切にしましょう、とお話ししてくださいました。
その後、歯科衛生士の先生が「口の役割について」「むし歯のお話」「歯磨きの練
習」と3つに分けてお話ししてくださいました。
「お口の働きってなんでしょう?」という質問に、みんな一生懸命考えていました。
 
「かむ」ことはすぐにみんなから答えが出ました。「お話しする」と答えられたのに
は感心しました。「わらう」はちょっとむずかしかったようですが、表情を豊かにす
るのにも大切な役割をしているのですね。
次に、6~7才のお口の中について、くわしく教えていただきました。
 
左の図は、お口を横から見たところです。青い色の歯はこどもの歯(乳歯)、黄色い
のはおとなの歯(永久歯)です。右のホワイトボードの図は、歯茎の中がわかるよう
にした図です。子どもの歯(青色)の上や下に、ちゃんとおとなの歯(黄色)が準備
している様子がわかります。6才で生えてくる奥歯のことを「6才臼歯(ろくさい
きゅうし)」というのですが、その言葉を知っている子もいて、これにもびっくり!
 
お口の中を勉強した後は、「6才きゅうし探検隊」のお話(物語)を見ました。
甘い物が大好きなのに歯磨きをしないのでむし歯になってしまったシュガーちゃん。
そのシュガーちゃんのお口の中を、お友達のデンタ君とハイジちゃんが小さく変身し
て探検します。ミュートというむし歯菌は、いつでもお口の中にいて、大好物の甘い
物や食べ残しのねばねばがあると、どんどん大きくなって歯をこわします。ミュート
を退治するには、水で流したりブラシでお掃除することが必要です。油断をすれば穴
の中に入り込んでしまうので、「フッ素」をぬって穴を埋めるとより安心です。
 
 
最後に、みんなで正しい歯磨きの練習をしました。ミュートくんの好きな場所は、
「はぐきのきわ」「はとはの間」「おくばのみぞ」だそうです。奥歯→前歯と歯茎の
きわ→奥歯と歯茎のきわ の順で上下左右10回ずつほどを磨きます。その後、上下
の前歯の裏→奥歯の裏 をそれぞれやさしくかき出すように磨きます。最後に6才臼
歯を横から特別にていねいに磨きます。一生懸命練習しているので、シャカシャカと
いい音が聞こえてきました。とっても上手だとほめていただきました。
歯ブラシが終われば、ぶくぶくうがいを5、6回以上、がらがらうがいもしてのどの
奥もきれいにすること!
糸やデンタルフロスで、歯と歯の間をのこぎりのように、そっとこすると歯の隙間も
きれいになるそうです。
 
最後に、むしばにならないために「お菓子の食べ過ぎにきをつけましょう!」「食べ
たあとはていねいにみがきましょう!6さいきゅうしも忘れずにね」とみんなで声を
出して確認しました。
最後の質問コーナーでも、たくさん質問がでました。
歯は健康維持にとても大きな役割をもっています。いつまでも、自分の歯でおいしく
ご飯をたべられるように、今日からしっかり歯磨きをしてくれるとうれしいです。
インフルエンザなどの病原菌もいっしょに洗い流してくれるそうですよ!
16:00
2020/02/04

図工展が近づいてきました。

| by 校長
6年生の図工の時間を除いてみると、作品は完成したようで、次の作業にとりかかっ
ていました。「ビーチで見つけた宝物」を貝の形の中に思い思いに描いている最中で
した。
 
 
色の塗り方も、中に描かれている絵や言葉もさすが6年生。色を混ぜたりレイアウト
や文字に工夫をしたり。また、絵や言葉にも様々な思い出や未来が詰まっているよう
でした。「ビーチで見つけた宝物」は全学年で共通して作成し、展示しますので、そ
れぞれの学年なりの良さや成長を感じていただけると思います。
 
他の学年の作品も、少しずつ進んでいます。左は2年生の「おしゃれなぼうし」右は
4年生の「カラフルバード」です。
インフルエンザ等でなかなか作業が進まないときもありますが、子どもたちは心をフ
ル回転して作品づくりに励んでいます。暖かく見守りたいと思います。
 
16:40
2020/02/04

ブックベルさんの読み聞かせ

| by 校長
ブックベルさんは、月曜日の朝、クラスに順番に入って読み聞かせをしてくださっていま
すが、月に2回、業間にも読み聞かせを行ってくださっています。
今日は、節分のお話の紙芝居と「こんもりくん」という男の子のお話でした。
 
 
節分のお話は、子ども達も一緒に考えて答える場面もあり、食い入るようにお話を聞
いていました、(うまく写真に撮れずすみません。)
こんもりくんのお話は、見てのとおり、散髪が大嫌いで一回も髪の毛を切ったことの
ない男の子が主人公。こけても自分で起き上がれないくらい髪の毛が伸びてしまいま
した。お父さんとお母さんがどれだけ切ろうとしても、「いろんなことに使えて便利
だもん」と全く言うことをききません。ところが、ひょんなことから、ネズミに髪の
毛を「かじ かじ かじ かじ」と切られてさっぱりした頭になりました。
このお話は、ユーモアがたくさんちりばめられていて、子ども達は大喜び!
大人の私も、声を出してくすりと笑ってしまいました。
ブックベルのみなさんは、図書館などでこのような楽しいお話を見つけてくださった
り、掲示物をつくってくださったりしています。
子ども達にとって、図書室が楽しい場所になり、とてもうれしいです。
 ←2月の掲示物です。
16:24
2020/02/03

たみまる子ども家庭科展~5・6年生出展

| by 校長
いたみホール6階で1月30日から始まったたみまる子ども家庭科展に行ってきました。
各小・特別支援学校の5,6年生の児童が、家庭科の時間等で作成した作品などが学校別
に展示されています。
鈴原小学校の展示ブースに行くと、5年生は果物の形のコースターのガーランド、6年生
は卒業にあたって下級生が使えるようにつくった給食の配膳台カバーが展示されてい
ました。
 
 
どの作品も、実際に使えるように、一針一針思いをこめて丁寧につくったことがよく
わかりました。
自分の手でつくることで、手作りならではの思いが伝わることや、自分にしかつくれ
ない作品ができること、また他の人が時間をかけて作ってくれたこともわかり愛着が
わくことなど、「手作り」のよさが心のつながりにも大きく役立つことを感じ、生活
の中でも活かしてくれるとうれしいです。
※たみまる子ども家庭科展は、本日(2月3日)までです。
10:22
2020/01/29

大根を食べました~2年生~

| by 校長
昨日の2時間目、廊下を巡回しているといい匂いがただよってきます。
どこだろうと、たどっていくとそこは調理室。もしや調理実習!!
匂いに誘われて調理室の扉をあけると、2年生の子ども達がお行儀良く座って、まさしく
大根ステーキを食べようとしているところでした。
自分たちで育てた大根で調理実習でした。私もお裾分けしてもらいいただきました。
おいしい!!
大根のみずみずしさとこんがりついた焼き目の香ばしさ、そこにお味噌をつけていただい
たので、おいしさもひとしおでした。
 
 
使ったお皿やフライパンもていねいに汚れをとっていました。「家でもつくって食べ
たいから、作り方を写して帰る」といっている子もいました。
大根は根菜なので栄養もたっぷり!ぜひ、おうちでも一緒につくっておいしさを味
わってくださいね!
(「校長先生、匂いに誘われて入ってきたんやろ?」とかわいく声をかけてくれまし
た。ばれちゃってました!)
13:56
2020/01/27

お琴体験~4年生

| by 校長
鈴原小学校では、4年生になると「町の先生」に来ていただいて、全員でお琴の練習を
します。
2人で一面(一台)を使って交代で練習します。
そして、そのお琴は前の日に「町の先生」が車でもってきてくださいます。鈴原小学校の
先生達がそれをりんりんホールに運びます。「町の先生」に教えていただきながら「調弦
(音合わせ)」も先生達がして、当日に備えます。
 
教室に入る時に、ひとりひとり「爪」をつけてもらってから、お琴の前に座ります。
 
この日は、靴を脱いで正座をして座ります。(足が痛かったり、途中で痛くなったら
足はくずしてもかまいません。)
 
音程を変えるのに、左手でぎゅっと弦を押すやり方も教えていただきました。弦は
しっかりはってある上に固いので、かなり力がいります。ほとんどの児童は、初めて
お琴に触れたと思いますが、とても集中してきれいな音色がりんりんホールから聞こ
えてきました。
お琴の楽譜は漢数字で縦に書いてあることも初めて知りました。
 
休憩の時には、先生の演奏も聴かせていただきました。業間には音楽の先生の伴奏で
お正月によくかかっている「春の海」も演奏してくださいました。
古くから親しまれ、今でも箏の音色に触れるといいなあと思うのは、きっと我が国な
らではの文化が生活のどこかにきちんと息づいているからだと思います。
おうちにお琴があるという児童も、少しですがいました。
このような機会をとおして、自分の国に伝わっている文化を大切にする気持ちを養っ
てくれればうれしいです。
19:23
12345